白馬(&白タイツ)の王子様は来なかった

宝くじの中で硬貨で目隠しを削る「スクラッチ」というのがありますが、今年の4月から手塚治虫キャラの絵柄のくじが売っているということを知ったのが10日ほど前。そして今月の絵柄が白タイツ少女王子こと「リボンの騎士」で、これは買わずにはいられないということで購入(1枚200円)。

120827_01_#tricotcafe.jpg

1等は1000万円で、当然儚い夢を見つつ10円玉でゴシゴシ。これがまた2枚に1枚ごと5等の200円が当たってしまい、結局戦績は7枚購入中3枚が当たり。運を小さく小さく使いきってしまいましたw まさに自分にとって人生起死回生の白馬の王子様になるかと思ったんですが。

一応考えた自分的1000万の使い道は。500万=住宅ローン前倒し、200万=諸々返済/充当、100万=株でも買うか?、100万=信用金庫の定期預金へ、20万=iMacを新調する、20万=妻に上げる、40万=夫婦で旅行、20万=親に何か美味いもの食わす。と、まぁ、50代目前ともなると1000万はあまり夢多い金額ではありませんな。

イラスト。漫画描きソフト・コミックスタジオで有名なセルシスから最近リリースされたCLIP STUDIO PAINTというカラーお絵かきソフトをさっそく導入。アナログ絵はやたら迷い線が多くて消しゴムのカスで机上が汚れるのが悩みの種だったので、いっそのこと、とフルデジタル移行に挑戦中。ヨレヨレにならずに線を引くのもおぼつかない状態ですが、新ツールはいろいろ楽しいもんです。

• • •