タイツ会社へ行ってみた

タイツ女子が好き過ぎてタイツメーカー・某A社の株主になっている。とは言え投資金額は10万ちょいなんだけど。そして今日自分の仕事出勤前に株主総会に行ってみた。どんな会社の雰囲気なのかを見てみたかったという単純な興味です。

会社の偉い方々は皆男性、集まった株主はほとんどお爺ちゃんとなんとも華やかさには欠けてましたが笑

滞りなく済んだ総会の後、かなり広い展示室見学会で商品説明を受けたのが楽しかった。少し前盛んだった中国人観光客の爆買いでは二重編みの分厚いタイツが大人気だったそう。タイツ買うために来日。いい話ですな。

これからも某A社さんには女性の脚を漆黒に染め上げて欲しいと思います。

ちと遠い場所に出向いたのと、遅刻しそうでタクシー使ったので今年の配当金は交通費でチャラになりました笑

Posted from するぷろ for iOS.

• • •

ケスラー姉妹という古の黒タイツアイドルを発見

まぁ雑なラクガキばかりしているから、いつまでたっても萌え絵の「も」の字にも至らないのは自覚している。秋村テイクです。

「踊る昭和歌謡」という戦後の歌謡曲をリズムの面から考察している本がなかなか面白いんだけど、「日本産ラテンリズムのドドンパ」はイタリアへの伝播して云々との記述の中に、美脚を強調する黒タイツ姿で音楽バラエティで活躍したケスラー姉妹というのを発見。

さっそくYoutube見てみたら、黒タイツ・黒ストッキングの超ミニ衣装の数々が実にエロ可愛い。これは黒タイツ好きの諸兄にオススメすべくシェアしなければと思った次第です。

Rakugaki 150525 01

踊る昭和歌謡―リズムからみる大衆音楽 (NHK出版新書 454)
輪島 裕介
NHK出版
売り上げランキング: 93,871
• • •

本日のラクガキ 15-05-21版

Rakugaki 150521 01

「タイツっ娘画報 Vol.3 制作進捗日報」の開始を宣言しようと思いつつ、仕事から帰宅するとお猪口に注いだウイスキー啜って酔っ払ってしまうダメなオレ。とりあえず今日は日課にしているラクガキをアップしてお茶を濁す!

万年筆で模写。

• • •

元PFC定例会に参加して改めて思った「場」を維持する力

数年前に体調不良で15㎏ほど体重が落ちてしまい、手持ちのゼンタイが全部ガバガバになって全然ピッタリフェチじゃねーじゃん。という感じです。どうも、秋村テイクです。

先日の日曜日に元PFC定例会に参加してきました。

PFCとは1995年にマーシー・アナーキーが設立した「パンスト・フェティッシュ・クラブ」のことで、後に諸々ピッタリフェチも含めた「ピッタリフィット・カウンシル」となり2000年頃になんとなく活動休止したフェチ系サークルです。

定例会と言っても今回が一回目。昨年秋に六本木・CROW(Night Gallery Cafe CROW)で開かれた数年ぶりのゼンタイイベントで久々に会った元PFCメンバーとの対話が楽しく、その余波を買った形で(?)CROWマスター・大森氏(元・Alice)の音頭取りで開かれました。参加は6〜7人と少なめでしたが、それ故話が分散することなくなかなか楽しい一時。なんと言ってもマスター仕切りの貸し切りなので定額飲み放題(バーなのでウイスキー&ワインがメイン)が嬉しいw BGVはウルトラセブン各話を順次流しつつ。

20年近くの付き合いになるメンバーもいるので特段目新しい話題はないのですが、気兼ねなく話が出来る場があるのはとても重要だなぁと再認識。特にフェチ系の話題は居酒屋で大声で喋るには若干気を使うので(とは言えPFCは元々その辺あまり配慮はしていなかったがw)、六本木・東京ミッドタウンの真向かいの雑居ビルにある大人の趣味的フェチ系バーで日曜の昼間から酒に酔いながらの会話は実に楽しい。

丁度別の趣味の会でも「メンバーが集まれる・ふらりと立ち寄れる・趣味の品を並べておける『場』」があれば最高、という話をしていたところ。このPFCは多彩で行動力・暴走力に溢れたメンバーが多いことが自慢だったのですが、そうした「場」を作ることに尽力した者がちゃんといてくれた事が、今となっては実に貴重なことで感謝しています。

ある趣味において、熱意あるアイデアマン的な人がいて、その人を中心に輪ができ、あるとき爆発的に人脈が広がって、何かものすごいことができそうな熱い日々を送り、しかし気が付くと右端と左端の者達が指を突きつけあい仲違いを始め、いつの間にか小さなグループに分裂しお互いの消息すら追わなくなる、というのは趣味・ビジネスにかかわらずよくあることで、PFCについてもそうした道を歩んだわけです。もう一度皆で仲良く、などとは全く思ってはいないですが、やはり自分たちが居心地良いと感じられる場を作ろうとしたあの熱意は忘れてはいけないな、と。

自分の今の年齢が50ちょい過ぎ。あと20年ほど元気で動き回れればいいなと思っていますが、こうして年に数回でもまったり話せる場は是非とも維持していきたいですね。薄くて細いつながりで全然構わないので。

• • •

真っ黒タイツさん 3題

ああ、もう夏だなぁ、という陽気のここ数日ですが、なぜだか真っ黒タイツ遭遇率がアップ。

日曜日には、スラっとスタイルのいい地味メガネさんがランガード丸出し黒タイツ。同じ日、デニムのショーパンの両サイドにぽっかり空いた穴から下に穿いたタイツが丸見えの過激スタイルのお姉さん。今日は通勤途上の電車の向かいにデニムショーパンムッチリ真っ黒タイツさん。

それ以外にも「おお!」っていうタイツがあちこちに。もう暑いのになかなか気が抜けません。

20130702-182904.jpg

手帳に挟んだメモ用紙にスケッチしてiPhoneで着彩したので雑な絵ですまんす。

• • •

何故に女性の股間は見られることをここまで絶妙に回避できるのか

座席に腰掛けてミニスカがせり上がっている。バッグが更にスカートを押し上げる。タイツ穿きで油断してお行儀良さも若干おろそか。それなのに。

内腿の肉でしっかりガードw

130120_02_#tricotcafe_s.jpg

以前の職場にいた、制服スカートの腰部分を何度も折り返してミニスカ状態にしてた若い娘は、「あたし太腿太いんで階段の下から見上げられても絶対パンツ見られませんから」と力説していたのを思い出す。いや実際見えなかったよその時も、内腿の肉にガードされて。

• • •

本日の落書き

あけましてもなにも、正月早々体調崩してすっかり出遅れw

130115_01_#tricotcafe.jpg

昨年末の冬コミのレポートを書いて記録として残しておきたいんですが、まぁ後回し。やっと酒を飲むのと落書きをする気力だけは戻ってきました。拾い画像を模写。

本年もよろしくお願いします。

• • •